資格・学び

【10分以内!】用意するもの3つだけ!白い歯キープ術!

出かける前にバタバタと準備をしていて、ふと鏡を見たときに、
あれ?歯、黄色くなってきた?と思うことはありませんか?
大事な用事の直前になって、歯の色が気になりだすこともありますよね。

こんな方におすすめの記事です
  • ホワイトニングした歯をイベントまでキープしたい
  • 着色予防したい
  • 前歯の薄い着色を取りたい

私自身が、歯科絵衛生士をしていた時に、白い歯をキープするために考えた方法です。
歯の着色が気になった時に今でも時々行います。
手軽で良い方法なので、皆さんにお伝えしたいと思います!

常備で安心!3つのお守りホワイトケアグッズ!!

まずは、歯の白さをキープするために、揃えておくと安心なアイテムをご紹介していきます。

ホワイトニング効果の高い歯磨き粉
研磨成分、もしくは汚れを浮かせるような特別な成分が入ったものだとなお◎

毛が密な歯ブラシ(ワンタフトブラシ)
毛先が長すぎないもの、柔らかすぎず、コシがあるもの
私は、『ウェアエバー』というワンタフトブラシを愛用してます

created by Rinker
¥448
(2024/06/15 15:52:49時点 楽天市場調べ-詳細)

歯のスポンジ
歯科用のメラミンスポンジに、清掃成分が含まれたもの

普通の歯磨きに+αで白さアップ!!

上記でご紹介したアイテムを使って、歯のトーンアップを目指します。
※歯磨き効果で表面の着色汚れを落とすことにより、白さをアップさせます。
※俗に言う、歯のホワイトニング程の効果はありませんが、多少の着色なら、落ちます。

イベント前にホワイトニングの予約が取れなかったとしても、諦めずtryしてみましょう!

  1. まずは、普段通り歯磨きをして、食べかすや歯垢は落としておきます
  2. 歯磨き粉をラップや皿に2センチくらいだす
    ※直に手の甲に出しても気にならない方はそれでもOKです
    ※直接歯ブラシにつけないのは、ちょっとずつ、付け足しながら磨くため
  3. ワンタフトブラシに歯磨剤を少量つける
    ※ブラシは、水で濡らさない
    使用前に洗いたい場合は、水分をよくふき取ってください。
  4. ブラシを歯面にあて、1箇所30秒程度くるくる円を描くように磨く
    ※1~2歯磨くごとに、歯磨き粉をつける
    ※磨き終わったら、よくゆすぐ
  5. 歯のスポンジで表面を磨いて完成!!

効果的な理由は?

この方法、歯医者で行う、歯のクリーニング方法をヒントにしています
今回使用したワンタフトブラシは、普通の歯ブラシと違い、毛束の形が円形です
歯科のクリーニングで使う、電動ブラシのような機械も、円形のブラシを回転させることにより、汚れを落としています

着色除去目的でクリーニングペースト(歯医者で使う歯磨剤)を使うとき、ブラシを濡らしません(ペーストが薄まってしまうため)
歯科だと粗研磨と仕上げ研磨といって、クリーニングペーストに含まれる研磨剤の粒子の粗さを変えることで、よりツルっとした仕上がりになるようにしています
ご家庭だと、粒子の粗さの違うペーストを探して2種揃えるのはハードルが高いため、歯磨剤+スポンジで再現しました

番外編!口紅効果で、歯が白く見える!!

歯を美しく見せるのには、肌や唇の色との対比も、重要なポイントになります
肌の色が黒い方は歯が白く見えやすいと思いませんか?
歯に一番近い唇のカラーを変えるだけでも、歯を白く美しく見せることができます

私も口紅は苦手でしていませんでした
そんなに変わる?と思っていましたが、今では手放せません!!
白い歯はリップメイクとセットで作りましょう